プラズマ☆まとめ特報

おもしろいアニメ、ゲームを中心とした2ch情報をまとめます。 声優、国内海外ドラマや映画の2ch情報もまとめます。レトロゲームも書いております。

    プラズマ☆まとめ特報                nandemoyuuyuu@yahoo.co.jp

    カテゴリ:漫画 > 漫画家

      mixiチェック
    【漫画家】高橋留美子のサインwwwwww

    高橋 留美子(たかはし るみこ、1957年〈昭和32年〉10月10日 - )は、日本の女性漫画家。有限会社るーみっくプロダクション代表取締役。新潟県新潟市出身。血液型A型。 1978年『勝手なやつら』でデビュー。代表作に『うる星やつら』『めぞん一刻』『らんま1/2』『犬夜叉』『境界のRINNE』など
    51キロバイト (7,502 語) - 2021年6月6日 (日) 07:40



    1 名無しさん@おーぷん

    留美子の部分どうなっとるんや

    (出典 i.imgur.com)


    【【漫画家】犬夜叉、らんまの作者のサインがこちらwww】の続きを読む

      mixiチェック
    漫画家の水島新司さんが引退 主な作品は「ドカベン」「野球狂の詩」「大甲子園」


    分の作品には恵まれなかった女性ファンが倍増したという。 続編に『大甲子園』、『ドカベン プロ野球編』、『ドカベン スーパースターズ編』、『ドカベン ドリームトーナメント編』がある。ドリームトーナメント編の終了を以てドカベンシリーズが完全完結した。全シリーズを含めた総巻数は205巻で、シリーズ累計とし
    46キロバイト (3,700 語) - 2021年3月15日 (月) 21:49



    (出典 i-ogp.pximg.net)



    1 名無しさん@実況は実況板で

    「ドカベン」「野球狂の詩」水島新司さんの主な作品
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202012010000261.html


    【【漫画家】ドカベン作者、水島新司さん引退】の続きを読む

      mixiチェック
    藤子F不二雄(36)「これが漫画家人生最後のチャンスだ…売れなきゃ家族を養えない…」

    藤子・F・不二雄(ふじこ・エフ・ふじお、本名は藤本 弘(ふじもと ひろし)、1933年12月1日 - 1996年9月23日、O型) 富山県高岡市出身。なお、コンビ解消後の約1年は、藤子不二雄Ⓕと表記していた。事務所はコンビ解消後に設立した藤子・F・不二雄プロ(通称藤子
    34キロバイト (5,338 語) - 2021年4月12日 (月) 11:47



    【【漫画家】藤子不二雄が売れっ子になったきっかけ作品】の続きを読む

      mixiチェック
    ジャンプを追放された漫画家さん、他誌で看板になってしまう…w

    横田卓馬 (カテゴリ 出典を必要する記述のある記事/2020年2月)
    冒険』・『男爵校長』。 小学生のころから漫画家になりたい思っていた。親看板の絵を描く仕事をしていた影響もあり物心ついたころからずっと絵を描いてたという。デビュー前、「毎週20ページを絶対仕上げる」決めてウェブコミックを発表し、その目標をほぼ達成することで画力向上した。 凡例
    8キロバイト (680 語) - 2020年3月15日 (日) 14:39



    1 風吹けば名無し


    (出典 i.imgur.com)


    (出典 i.imgur.com)

    月間シリウスの看板


    【【漫画家】少年ジャンプから月間シリウスにお引越しwwww】の続きを読む

      mixiチェック
    【漫画】「ONE PIECE」書き込みと文字数多すぎる“読みにくさ”には理由が…尾田栄一郎の知られざる戦略とは  [muffin★]


    (出典 blog-imgs-140.fc2.com)



    1 muffin ★

    https://myjitsu.jp/enta/archives/88085

    1997年の連載開始から、今なお人気が衰えない漫画『ONE PIECE』。コミックスは全世界で累計4億8000万部を突破しており、国民的作品の1つとなっている。とはいえ、いくら優れていても万人に好かれる作品というものは存在しない。漫画好きの間では、「最近のワンピは読みにくい」といった指摘がよくあがっているようだ。本稿では「ONE PIECE」の〝読みにくさ〟について考察していきたい。

    まず、「ONE PIECE」に不満を抱く人の声を見てみよう。もっとも目立つのは、書き込みの量が多すぎるという指摘。ネット上では《ワンピは書き込み多すぎて読むの辛い。書き込めばいいってものでもないのでは…》《書き込みと文字数が多すぎる…。もうちょい1コマ1コマ大きくした方がわかりやすい》《一コマに入ってる情報量が多すぎて読むのすげー疲れる。てか書き込み量がえぐすぎて、ぱっと見たとき何が起こってるかわからないことが多々ある》といった声があがっている。

    一般読者だけでなく、タレントの本田翼が同じような意見を発信したことも。昨年11月のYouTube配信で、本田は「鬼滅とか呪術廻戦読んでて思うけど、読みやすいよね」と最近のジャンプ漫画について言及。「私この前ONE PIECE読んだんだけどさ。なんなんだろうな~。もう漫画の中がいっぱいいっぱいなんだ」「いろんな人がいて、これはこの人が喋っててあれはこの人で~みたいな、なんか、キャラを覚えるのが大変で、いっぱいいっぱい」との苦労を明かしていた。

    一般的には漫画を書く上で、書き込みすぎることはNGだとされている。というのも書き込んだ分だけ情報量が増え、そこに視線をとらわれてしまうため。読みやすい漫画を作るには、適切に余白を作って読者の視線を誘導することが重要だ。

    「ONE PIECE」も連載初期にはコマの中を空白が占める部分が大きかったが、現在はその割合が格段に減っている。とはいえ尾田栄一郎ほどのベテラン作家が、初歩的なテクニックを失念しているわけではないだろう。

    尾田はかつて、師匠である『ジャングルの王者ターちゃん』の作者・徳弘正也から「書き込みは伝わるんだぞ」という言葉を授かり、大きな影響を受けたという。また対談などで、たびたび背景などの書き込みにこだわっていることを明かしている。つまり、たしかな信念をもって、書き込みを増やしているのだと考えるべきだ。

    恐らく尾田は、「ONE PIECE」の連載途中から、あえて読みにくい漫画を作る方向に舵を切った。そこにはどんな理由があるのだろうか。
    続きはソースをご覧下さい


    【【悲報】ワンピース原作、漫画の読みにくさに原因があった】の続きを読む

    このページのトップヘ